'

ウィートグラスによって皮膚移植後の治癒が促進された例

この患者さんは指にできた扁平上皮癌(悪性の皮膚癌)の切除手術を受けました。これは術後30日目の写真です。 傷は皮膚の移植片で覆われていますが、1ヵ月間も包帯につつまれていた皮膚は再生力が低下しており、移植がうまく定着していませんでした。

この写真は傷にウィートグラススキンリカバリースプレーを1度使用した後16時間たってから撮影されたものです。死んだ角質が完全に消失し、移植された皮膚への血流も改善され、以前よりも皮膚の状態はずっとよくなっています。 これは、ウィートグラスがいろいろな傷を治すのにどれほど有効であるかの典型的な例と言えます。

毎日ウィートグラススプレーを使用後10日目の写真も送られてきました。
(画像は拡大されています。)切除された皮膚の小さな部分以外、移植された皮膚は定着し、血液循環も良好です。

4週間後の写真です。ウィートグラス・スプレーと普通の乾燥したガーゼを使用してきただけで、移植された皮膚は完全に定着しました。

以下はこの患者さんからのコメントです。

こんにちはDr.レイノルズ、
一昨日届いたばかりのウィートグラススプレーの結果には驚くばかりです。使用前に撮った写真とスプレー使用後16時間たった写真を送ります。1ヶ月前に皮膚移植をしたのですが、数週間前にこの製品のことを知っていたらどんなに良かったことでしょう。この2枚の写真はスプレー使用後24時間未満の変化です。自分でも信じられないぐらいです。是非この写真を見て下さい! 本当に感謝しています。

PS -石鹸と水で洗い流すたび傷の周りの古い皮膚は剥がれていきます。
今朝、手を洗ったあと包帯を巻く前に誤ってぶつけてしまい薄い皮がはがれてしまいました。傷跡が赤くみえるのはそのせいです。

L.C. USA。 2011年6月1日