'

フルーツ酸ピーリングによるアレルギー反応のダメージを受けた皮膚の回復例

この女性にはフルーツ酸ピーリングのトリートメントの後、すぐにひどいアレルギー反応が起きてしまいました。ウィートグラスのクリームをつける事でわずか3日後にはほぼ通常の皮膚にもどることができました。右写真の皮膚にアトピーのあとが少し見えますが、これはピーリング以前からあったそうです。

この女性の母親より:

水ぶくれや火傷の痕があまりにも早く回復していくので娘がとても驚いていました。しかもスプレーを使い始めたらニキビまでが良くなり、乾いて瘡蓋になり簡単にシャワー中に洗い流されてしまったそうです。今ではクリームをモイスチャライザーとして使っています。
本当に奇跡的です。ありがとうございました。

写真1 フルーツ酸ピーリングに対するアレルギー反応が起きている

写真2 ウィートグラスを3日間使用後

Drクリスのコメント

このケースの場合、お肌の質を向上させるために行ったピーリングが賢明だったのか考えさせられます。ピーリングは皮膚の表面層を取り除きますが結局のところシミやニキビの根源は下の層に残りまた再生するのです。 早い時には一日二日で起こります。

質の良い皮膚を作り、その状態を保つ方法として私のやり方はダメージを受けた肌を“正常時に戻す”事です。 それには通常ウィートグラスを辛抱強く使い続ける事が出来れば効果的です。また石鹸の使用やお湯で洗いすぎる事を避けることも大事です。ナチュラルな皮膚の油分を洗い落としすぎるため、乾燥したり皮膚が剥け易くなったりするからです。

そして覚えていて欲しい事は、皮膚には少しで良いという事です。 モイスチャライザーや化粧品もアレルギーの可能性のあるものは少ないほうが良いのです。多くの場合ウィートグラスを毎日続けていると安定した良い状態に持っていけます。