ウィートグラスの効果的な使用方法  

1995年以来ウィートグラスをいろいろな症状の治療に取り入れて来た私は、この療法で症状の改善が見られた数千人の私の患者さん達と、膨大な数の体験談やDrクリスへの質問等に寄せられたメール等からウィートグラスの多くを学ぶ事が出来ました。

ウィートグラスはおそらく、身体の傷ついた部分や機能が低下している部分を脳に知らせる ”シグナル” を送る働きをしているのではないかと考えられます。そして脳が障害のある部分を治癒に向わせるのです。

しかしながら、ウィートグラスを使いすぎると(皮膚に使う場合も飲用する場合も)かえって治癒を遅らせる場合もあります。ウィートグラスは触媒としての働きもあるので、一回の使用量は少ししか必要ではありません。無駄に使いすぎないようにしてください!

怪我や皮膚の症状等にはウィートグラスのスプレーかバームを、2日に1回だけ少量を患部に使用するだけで十分です。

自己免疫や健康維持の為には少量の(スーパーショッツ:大人は小さじ1杯、お子様なら小さじ1の半分の量)ウィートグラス摂取を1日おきに根気良く続け てください。

Dr. Chris Reynolds. M.B.,B.S.
AUSTRALIA.

Drクリスのウィートグラスヒーリングサイトには100以上の症例(写真付)が掲載されています。 また世界中から寄せられた1000以上の体験談も読むことが出来ます。こちらは英語のサイトですが、画面上部にグーグルの翻訳機能がありますので、是非多くの症例をご覧ください。